このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

紋章

小説 ファンタジー

紋章

斉羽

「作者、誤字脱字直しをしてるみたいだネ」「まともな文章を書けない馬鹿だからねぇ」

休載中

993ページ

更新:2012/10/14

説明

四大貴族であるスザク家。

そこに生まれたタヨは魔力の属性を調べる道具に何の反応も出せなかった。

すなわち、魔力がない落ちこぼれだということ。

落ちこぼれなど貴族にはいらない。貴族の汚点にしかならないから。



だから、タヨは捨てられる。貴族であるスザク家に。



捨てられたタヨは───………。






落ちこぼれの女の子、タヨの物語です!
誤字脱字などはいっぱいでしょうから、そこらへんは御了承ください。

読んでみたら、とにかくレビュー、お願いします♪
お待ちしています。

タヨたちの歳には無理がありますが;

それは広い心で受け入れてください…;







─────────



表紙とかが寂しいので、私なんかが厚かましいのですが、表紙を誰かに描いていただけたらなぁと思ってます。

これに限らず、私の小説なら、どれでも。

描いてやらんこともないという優しい方、声をかけていただけたら、嬉しいです。





絵師様、じゃが+様です☆

綺麗な絵、ありがとうですぅ♪
 

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

斉羽さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません