このページのリンクアドレス

エブリスタ
藍の睡蓮若様

小説 その他

藍の睡蓮若様

*Hika*

手を伸ばせば、若様は私の手を引いてくださいました。

完結

73ページ

更新:2011/01/14

説明

無意味な小説を書いてみました。



キミが笑う

番傘を揺らして、回して、半分この番傘でアナタと歩きました。

空を二人で見上げました。二人で鹿脅しに耳を傾けました。二人で屋敷を抜け出しました。アナタは「秋の季節になりましたね」と私に言ってくださいました。
「雨、降りませんね」と、あなたは淋しげに言いました。何故、雨なんですか?答えてください。

もう一度、番傘を直してくれませんか…?



衝動物シリーズパート3
風情ある和心、大人になることをある娘は誓いました。
短編小説

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

*Hika*さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません