このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

淡色の揺籃

小説 ファンタジー

淡色の揺籃

咲くチキン

異世界に飛ばされた主人公。 そこは、彼の常識から懸け離れた魔法の世界だった。

休載中

96ページ

更新:2011/09/02

説明

深夜、主人公【香澄 諒】は家族を殺した放火魔を探しだし、自らの手で殺した。


その直後、警察に見つかり、追われ、逃げ切る為に橋の上から川に飛び込む。



投げ出した身体は速度を増していき、水面に叩き付けられる……筈が、雑草の上に叩き付けられていた。



そこは山、見知らぬ土地、そして今まで感じたことの無い空気(雰囲気)に満ちた場所。





見たことの無い現象。感じたことの無い力。

魔法としか説明のつけようがない、謎めいた超現象攻撃を仕掛けてくる人々。



「ここは何処だ? なんで俺がこんな目に……」





――そこは異世界だった。





目の前に突き付けられた奇跡は、悲愴と苦悩で溢れかえった、残酷な現実の始まりだった。



主人公【香澄 諒】!

これからどうなる!?



「『どうなる!?』って、そんなのなるようにしかならないだろ?」



やる気の無い主人公でスイマセン。




※注意※
かなりの駄文で読みにくかったり、意味不明な表現が多々あると思われます。



この作品はただの自己満足で書いているだけです。



ちなみに作者は気まぐれなので更新は不定期です。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

咲くチキンさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません