このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

とある座敷童子姉妹の日常。

小説 ファンタジー

とある座敷童子姉妹の日常。

空音

現代に住む座敷童子の姉妹のお話。

休載中

9ページ

更新:2009/10/02

説明

【座敷童子】ざしきわらし

岩手県を中心とする東北地方でいう家の精霊。
旧家の奥座敷に住む赤ら顔、垂れ髪の幼い子どもの姿をした妖怪。
これがいれば家は繁盛し、去れば家運が傾くとされる。

(参考:百科事典マイペディア)










座敷童子は東北地方?

座敷童子は旧家の奥座敷に住む?

座敷童子がいれば家は繁盛?





…そんな時代はもう古いっ!!



私は現代の座敷童子なの!

人間には姿見えないし、リッチな家に行って贅沢しちゃうんだから!





…お、お姉ちゃん。

座敷童子は、人間を幸せにするのが仕事だよ?
ちゃんとお仕事しないと、母さまに怒られちゃうよ?





う、うるさいなぁ。

そんなこと言うなら、あんたはさっさと仕事に行きなさいよ!

ほらっ!2丁目の鈴木さんちの赤ちゃん、泣いてるよ!





お姉ちゃん…。(溜息
じゃぁ私は先に行ってるからね。





やっとうるさいのが消えた♪
よし!じゃぁ私も楽しみますか!!

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

空音さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません