このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

不思議話

小説 ホラー・オカルト

不思議話

優姫

これは夏休みにおばあちゃんの家に泊まりがけでお祭りに行ったときの話

休載中

2ページ

更新:2010/04/03

説明

「な~AとS、次は向こうにあるわたあめ食べるか?」

「たべるたべる」

いとこ達と一緒にはしゃいでいたんだけど

だんだんくたびれてきて……

「すまん。先帰るわ」

「えっ?一人で帰るん?」

「大丈夫!街灯があるから…」

…………

「えっと……確かここを右に」

右に曲がると

電柱の横に青白く光る浴衣を着た女の子が立っていて

目が合うとその女の子は手招きをしてきました。

何故かわからないけど、

その子の手招きに引き寄せられるように

思わず来た道とは違う道へ

あとをずっとついて行ってしまいました。

そして遠回りはしたものの

気がつくと

ちゃんと家の前にいて

振り向くと女の子はいませんでした。

翌朝

「おはよう~お父さん」
父は新聞を険しい顔で読んでいたので俺も見てみたした。

記事には『大通りでガス爆発』『大事故』『13人死亡』と書いてあったのです!

その事故があったのは俺が昨日通るはずだった道で

もしその子と一緒に行かなければ俺も……








この作品はフィクションです。

実在の人物・団体・事件などには、いっさい関係ありません。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

優姫さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません