このページのリンクアドレス

エブリスタ
月は微笑んで

小説 恋愛

月は微笑んで

紗久羅

一緒に居たかった…。手首の傷は二人を繋ぎ、切り離す。

完結

104ページ

更新:2008/03/13

説明

仕事で知り合った「彼」に好意を抱き、ただ一緒に居たいと思った。

他には何も望まなかった。
恋ではない微妙な感情は、曖昧かつ独特な空気を生み出し心地良かった。

けれど状況は刻々と変わり行く…

二人の関係は恋愛に値するのか。

また何が正しい選択だったのか。

あなたならどう考え、どう行動しますか。
あなた自身の意見をお聞かせ下さい。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

紗久羅さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません