このページのリンクアドレス

エブリスタ
スリーピース

小説 恋愛

スリーピース

†神寺†

それは人生と言う名のギャルゲーだった――

完結

163ページ

更新:2013/06/13

説明

あらすじ

高校一年生の二ノ宮勇希(ユウキ)は、数年前から自他ともに認めるオタクになっていた。

そんな名前とは裏腹に勇気も無く希望も無い勇希は、ギャルゲーのやり過ぎで二次元と現実との区別が出来無くなり。

オタクになる前から好きだった幼なじみに、ギャルゲーでの経験値をいかし尚且つゲーム感覚で告白するが、やはり見事に撃沈した。


カンプなきまでに失恋し生きるのに絶望した勇希の前に、一人の老婆が現れ一本のギャルゲーを手渡した。

ギャルゲーの主人公になって一生をハーレムで送れる魔法のゲーム。

そんな夢のような話を信じた勇希は、攻略本を片手にゲームをプレイして本当にギャルゲーの世界に入ってしまった。

だがそれは三次元の人間が踏み入ってはならない領域だった……

大切なスリーピースが欠けた勇希は、果たしてハーレムを作る事が出来るのか。

竜頭蛇尾がお似合いだ藁
徹夜でやったので、誤字脱字のオンパレード

 ?N4月から第四話までは誤字脱字を直して最終話に関しては書き直します。
 続編を期待する人がいるんで(苦笑)

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

†神寺†さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント