このページのリンクアドレス

エブリスタ
光

小説 ファンタジー

100-97=

どこでもない幻の世界への鍵――光は満ちている。

完結

11ページ

更新:2011/03/20

説明

そこは眩い世界。
そこは静かな世界。
美しく、大きな世界。

扉は開けてある。
なにものも拒みはしない。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

100-97=さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません