このページのリンクアドレス

エブリスタ
受難なでいず

小説 SF

受難なでいず

ベイマ

全ては俺が生まれた瞬間から決まっていたらしい……信じたくねぇけどな。

完結

98ページ

更新:2009/11/30

説明

極々平凡な高校生。神原勇人(カンバラハヤト)17歳。


おかしな宇宙人。アイル(日本表記=愛流)16歳ぐらい。



愛流に振り回される勇人の受難の日々。




「お前、なんで箸は使えるのにスプーンは使えねぇんだ!」


「コイツのどこに食物を乗せればいいのだ!?」


「何度言えば分かる!?ここが窪んでるだろうがっ!」


「だから、そこは持つところであろう!」


「違うっ!それに持ち方からしておかしい。なんで箸と同じなんだ?」


「二本持つから決まっている!!」


「じゃあそのパフェ、箸で食えよ」


「勇人はバカか?パフェなるものはスプーンで食すのが常識だ!」


「星へ帰れ」


「何ぃぃぃいぃいぃい!!!」




喫茶店での一コマです。



こんな調子でつらつらと書いていけたらと思います。


SF学園ラブコメディになればいいなと思います。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

ベイマさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません