このページのリンクアドレス

エブリスタ
午後、所により竜が鳴くでしょう

小説 ファンタジー

午後、所により竜が鳴くでしょう

くるー

原作向けにテンポの良さは仕様、拙い文章は技量、更に厨二を採用。喰らえ!エター(略

完結

61ページ

更新:2009/11/24

説明

日常が魔法に依存し、竜が空を支配する。そんな世界でのお話。

曽根川ひかるは選ばれた魔力を有する物が通う学園の3回生。

入学試験を主席で合格する程の魔力を保有していた曽根川はしかし、3年前に竜による事故で両親と魔力を同時に失う。

それでも何とかやっていけたのは、入学当初から何かと支えてくれる天真爛漫な天見愛流や、学業に置いて対抗意識を燃やしてくる上之宮玲奈の存在があったから。

しかし、学園。ひいては社会が魔力の無い者、アウターに対する採決は過酷であった。

最大の試練が曽根川の前に立ちはだかる。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

くるーさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません