このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

白の飛沫、濃紺に

小説 ミステリー・推理

白の飛沫、濃紺に

ケン

翔ぶ様に生きた。そんな日々は短く、濃く、厚く、儚く。俺の熱はまだ冷めちゃいない。

休載中

81ページ

更新:2011/09/15

説明

手に入れた筈の平穏。
望んで焦がれた筈のその先には…


何かが違う、何かが足りない。


そんな日々はまたあいつ達で終わる。


…昔の話だ。


普通の日常では無かったかもしれない。


正常な感覚では無かったかもしれない。


でも


確かに俺は


その時を生きた。


進む道は平穏の中で合っているのかもしれない。


…しかし俺は迷う暇なく巻き込まれていく。
…いや、自ら進んで行くのかもしれない。


…本当はそんな熱い日々をもう一度過ごしたかったのだろうか。


俺は


俺達は


そんな風に


生きていた、そうだろう?


更新遅いです…汗

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

ケンさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません