このページのリンクアドレス

エブリスタ
夏の夕暮れ

小説 歴史・時代

夏の夕暮れ

数見肇

太平洋戦争に散った、幾千幾万の命

完結

13ページ

更新:2007/09/03

説明

戦争は悲劇しか生まぬ、人類最大にして最高の過ち
戦争で得をする人間など居ない、戦争は人間のみならず動物や植物その他多くの命を巻き込む、絶対におこしてはならぬ

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

数見肇さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません