このページのリンクアドレス

エブリスタ
映画評論~天空の城ラピュタ~

小説 その他

映画評論~天空の城ラピュタ~

業平 渉

長編アニメーション映画「天空の城ラピュタ」に関する評論

完結

10ページ

更新:2009/12/04

説明

「天空の城ラピュタ」(宮崎駿監督/1986/日本)に関する映画評論である。

商業性と芸術性が両立したアニメーション映画作品は数少ない。そんな中で監督宮崎駿は数々のヒット作で商業的成功をおさめると同時に、芸術面においても高い評価を得つづけている。

公開から20年以上たった今も名作と呼ばれ続ける宮崎駿の代表作、「天空の城ラピュタ」。

ここでは、スタジオジブリを商業的成功に導いた娯楽作としてではなく、宮崎駿という偉大なクリエイターが創り出した芸術作品としての「天空の城ラピュタ」を扱いたい。
この作品のもつ高いメッセージ性、またそこに投影される宮崎独自の「世界観」に注目して論ずる。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

業平 渉さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません