このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

月下月影

小説 ホラー・オカルト

月下月影

栖鴬 由宇

「モノノケ」と人。2つの共生は、とある約束によって保たれていた…

休載中

15ページ

更新:2010/04/02

説明

昔、「モノノケ」と人は共生していた。
神主と妖怪退治屋の狛神-コマカミ-、妖怪の長達の間で交わされた「契約の文」が、2つの永久の共生を約束し、代々神主が契約の守人とされてきた。


時は平成。

街には暗がりが消え失せ、妖怪の姿は皆無に思われた。
神主の末裔である端雲 恭-ハグモ キョウ-は、ある日突然事故に遭い、不思議な力を手に入れるが…

一方、現代の少ない闇に住み着く妖怪は、人間への怨みを深めてゆく…


「モノノケ」と人間の共生は、はたして護られるのか!

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

栖鴬 由宇さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません