このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

最初で最後のプロポーズ

小説 ノンフィクション

最初で最後のプロポーズ

カサメグ

大好きな父が亡くなった。私は絶望の淵に立たされた。しかし僅かな光が私を救った。

休載中

11ページ

更新:2010/01/04

説明

父子家庭で育った私にとって、父はかけがえの無い宝物だった。兄弟も母も居らず、貧しい生活だったが父が居れば満足だった。しかし、その大切な父が『癌』と言う病魔に冒された。二人三脚の闘病生活が始まった。その時間・場面・光景を心に刻むかの様に。
やがて来る別れ。
私は父に最初で最後のプロポーズをした。
それと共に今度は絶望・暗闇・孤独の日々が始まった。しかし、父から最後のプレゼントが届いた。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません