このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

蒼き太陽

小説 SF

蒼き太陽

£翡翠桜花£

真の人間性と人間の強さと弱さの根底を追及した、SF+シリアス+コメディーの作品

休載中

76ページ

更新:2010/04/05

説明

人間の科学は限界を迎えた。人間達は、証明不可能な問題の正解を失われた技術に求めた、それが【魔術】
世界に不可能はなくなった、しかし、人間の欲は尽きぬ物だ。

力と答えを手にいれた人間には二種類いた。
一つは世界に平和をもたらすためにその力を使う者。
もう一つは自らの至福を満たすためにその力を使う者。
世界は前者を『幻想者』と呼び、後者を『正義者』と呼んだ。出来ぬ幻想を抱くより、自らの国のために力を使う者を正義とした。

なんという矛盾だろうか。
この世界に一人の正義者の科学者がいた。彼女は母国のための戦闘兵器を造り上げた。
科学と魔術の力で戦う五人の兵器を………

彼ら兵器は世界中で幻想者を圧倒した。いつしか、彼らは『破滅の響音』と呼ばれた。
そして五人は今日も戦う。


魔術と科学が交錯したりする、作者が始めに考えた作品。
誤字脱字や文章の訂正など、教えて下さいm(_ _)m

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

£翡翠桜花£さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません