このページのリンクアドレス

エブリスタ
お人形遊び

小説 恋愛

お人形遊び

涙衣

それはスイッチが入ったかのように始まった。私は彼のお人形。

完結

9ページ

更新:2007/11/29

説明

『自分が怖いんだ。』そんな言葉の意味を私は知らなかった。
あなたがそんな感情を持っていて、そしてその欲望は自分で押さえられないほど大きなものだなんて思わなかった。

私はあなたのお人形。嫌でもあなたの思い通りにしかならない。
あなたは私をどうしたい?

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

涙衣さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません