このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

海に映る茜空

小説 恋愛

海に映る茜空

白鴉

「私と海斗があーんな事やこーんな事をしてイチャイチャするお話ですっ」「え…?」

休載中

176ページ

更新:2011/02/18

説明

ちょっとした家庭の事情で、姉と離れ、妹と二人、両親の知人の家に世話になることになった。

俺こと泉堂海斗(せんどうかいと)と妹は、そこの一人娘――雛菊茜(ひなぎくあかね)と出会うことになる。

「海斗っ」

「にぃに…」

「二人同時におんぶは無理だろ…」

頭はいいんだけどちょっとどこか抜けていて、しっかりしてるんだけどドジっ娘で、少しだけ素直じゃない。

そんな微ツンデレっ娘と俺、妹、その他愉快な仲間達と繰り広げるほのぼの系ラブコメ?

「茜…」

「海斗…」

どこかに置いてきた忘れ物。この手を伸ばせば……キミはずっとそこに――。
 

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

白鴉さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません