このページのリンクアドレス

エブリスタ
ゆきふるうた

小説

ゆきふるうた

久下 由遠

思いつき。

完結

5ページ

更新:2009/12/18

説明

「大蛇になってしまったのだと思った。うれしいな、もう小屋へ帰れないのだ、とひとりごとを言って口ひげを大きくうごかした。
 小さな鮒であったのである。ただ口をぱくぱくとやって鼻さきの疣をうごめかしただけのことであったのに。」


 太宰治。「魚服記」

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

久下 由遠さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません