このページのリンクアドレス

エブリスタ
「通りすがりの詞唄い」の館2009下

小説 詩・童話・絵本

「通りすがりの詞唄い」の館2009下

奏~カナデ~

本作品(詞・唄)は実話・体験を元に僕が気の向くままに感情を唄ったものです。2009下版。

完結

21ページ

更新:2009/12/29

説明

気の向くままに感じたこと、思ったことを
綴っています。
言葉は無限にあって限りがあります。
誰かの詞に似ていも、全く別の世界です。

僕は自らを

「通りすがりの詞唄い」

と名乗ります。

一瞬の感情を「共感」し「共有」出来れば、
僕はその一瞬に自分の存在する意味を
見いだすことが出来ます。

今日は観客がいなかったな…

明日は1人くらい立ち止まって
唄を聴いてくれるだろうか?


どっちでもいいや…


だって僕には唄うことしか出来ないのだから…

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

奏~カナデ~さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません