このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

さよなら

小説 恋愛

さよなら

あくまのプー

『さよなら』なんて言いたくなかった。けど、時間みたいだ。さよなら。俺の最高の彼女

休載中

130ページ

更新:2010/10/29

説明

俺はごく普通の高校生だった
沢空明人(さわぞらあきと)


好きな言葉「またな」
嫌いな言葉「さよなら」


俺には隠し事がある。
絶対に知られてはいけない
大きな秘密が。

それは1ヶ月後に死ぬということ。


「沢空 明人。お前は死んだが、それはこちらの手違いだったようだ。お前の死はあと1ヶ月先だったようだ。」

「は?」

そんなことあんのか?!。

俺の命は後1ヶ月しかない…。

沙希、隼人、澄江…
お前らと一緒にいれる時間は、もう少ないみたいだ…。



暇が多くなったので書き始めた初めての小説。

誤字脱字が多いのは自覚してますが、完結後なおしたいと思います。

レビューや感想いただけると、嬉しいです。
よろしかったらお願いします。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません