このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

『“神の手”テリー』のワンダーランド

小説 ファンタジー

『“神の手”テリー』のワンダーランド

クワネル

城の地下で魔族の女の子と出会ってから、テリーの運命の歯車は急速に動き出した

休載中

739ページ

更新:2015/06/08

説明

“神の手”を持つと言われた男を知っているだろうか。



神業と呼べる一手で負けを知らず、

その神憑り的手腕をもって数々の紛争を鎮圧し、

神のごとき手際で全ての事を瞬時に解決せしめる。



その男の名はテリー・ザ・キッドマン。



しかしながらこの男、最初からそう呼ばれていたわけではない。




ジェノヴィア王国歴21年度、第一回期王立騎士養成学校卒業生全15名中、第15位。


人間としてぶっちぎりで最低最悪と呼ばれた、お情けだけで養成学校に通って卒業したマルオ・ポーコ・ジェノヴィア王子をも下回る程の輝かしい成績を修め、

卒業後の配属先も王都から遠く離れた街で、

出世などとてもできないだろうと誰もが思う。




しかし、この男は違った。

それは、城の地下で魔族と名乗る女の子と出会ったことから全てが始まった。





“神の手(ゴッドハンド)”とまで呼ばれたテリー・ザ・キッドマンの半生を、ここに記そう。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

クワネルさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません