このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

夢の香

小説 ミステリー

夢の香

佐鳥月

何でも願いが叶うよ。 あんたが望むまま、そのまんまにね…。

休載中

6ページ

更新:2010/04/17

説明

夕暮れの街角を、三度曲がるとある店屋。
その店先では、艶のある女店主が望みの夢を見る事が出来る香を売っていた。
夢はまるで現実のようで、見る客を幸福にしてくれた。
それは夢が冷める瞬間まで…。






香を使用する際には、必ず守らなければいけない注意事項がある。


1,自分が夢の世界にいるという事を、忘れてはいけない。
2,眠る前に、必ず起きられる状況にしておかなければならない。
3,決して、夢が現実になればいいと思ってはいけない。
4,万が一夢から出られなくなった場合、夢の世界が壊れる事を願ってはいけない。

以上の事を踏まえれば、望む夢を楽しむ事が出来る。
愛する人と結ばれる夢も、大金持ちになれる夢も、全て望みのままに。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません