このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

悲しい道化師

小説 ノンフィクション

悲しい道化師

風の人

この物語は世界一のクラウンマスターになった少年の半生です。

休載中

10ページ

更新:2010/09/23

説明

誰も、幼い頃、あこがれの物はある。
少年のあこがれは世界一有名な、道化師クラウンマスターの称号を持つ、道化師だった。幼い頃に両親に連れられていた。
サーカスを見ているとピエロが現れて、みんなを笑わせて、いた。
少年も、ピエロを見て、笑っていた。
そしたら、パパが言った。
あのピエロは世界一有名な道化師なんだと言った。
僕はすごいピエロだなと思った。
サーカスを見終わって、帰る途中で、交通事故にあって、しまいパパ、ママを僕はいっぺんに亡くして、しまった。
僕は一人ぼっちになって、しまった。
行く宛てもない。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

風の人さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント