このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

守りたいこの世界

小説

守りたいこの世界

Sideriver

2012年、誰も何も起こらないと思いかけていた時だった。

休載中

44ページ

更新:2010/09/25

説明

◆Prologue

「2012年人類滅亡説」
12月になっても隕石だの小惑星だのが地球に衝突する予兆もなく、誰もがデマだと思いはじめた。
その時だった。

38度線から起こる世界への宣戦布告、人類は生き残れるのか。
そして「平和」ってなんだろう。

◆あらすじ
2012年12月の始め、隕石などが来ないとわかった人々は安堵していた。
この時、北朝鮮は韓国に対し宣戦布告を行い、同時に38度線に侵攻、停戦状態は終焉、「第二次朝鮮戦争」が勃発した。
国連の停戦決議から旧列強からなる多国籍軍が鎮圧に向かい、事態は収束する。
・・・はずだった。

「12月21日、全世界に核を投下する!!」

◆登場人物
日高 和平(ひだか かずひら)
航空自衛隊百里基地に属するF15パイロット。
朝鮮半島からの国籍不明機を警戒するためにスクランブル(緊急発進)した。

山上秀男(やまかみひでお)
年金生活をしている85歳の男性。
新潟県に住んでいる。
第二次世界大戦終戦後にシベリア抑留をされていた過去をもつ。

以後追加予定

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません