このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

Angel Tear

小説 ファンタジー

Angel Tear

すとり~む

天野圭二は事故にあい、一度は死んだものの“ガブリエル”を名乗る男神谷に蘇生され…

休載中

11ページ

更新:2010/02/10

説明

ある時代。神は次の神を選任しようとしていた。
それと同時に神は堕天使との和解を求めていた。
自分に使える天使たちと同じ眷属。
争いの火種を残したまま終わりたくは無かったからである。
そこで神は自分に使える天使10名と堕天使として反旗を翻した者達10名から新たなる神を選出することにしたのだ。
しかし普通に戦わせては、天界を統治するに足る器かは判別はしがたい。
そこで神は人間界の者を一人選び代理で戦わせることにした。
それが“契約者”である。
契約者は、『天使の涙』という宝玉を媒体に個々の天使と契約し2つの力を得る。
一つはその天使自身の力。
一つはその能力者が創造する力。
その二つの力を駆使して契約者は他の契約者から天使の涙を奪い合う。
もちろん契約者にもメリットはある。
それは、一つだけどんな願いも叶えられるということ。
様々な思いを胸に戦いは開始された。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません