このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

God of War 神々の戦争

小説 ファンタジー

God of War 神々の戦争

阿呆

落ちこぼれと呼ばれている奴とその仲間の物語が今始まる。

休載中

57ページ

更新:2011/04/06

説明

この世界の秩序を守っていた三神。神は人々に魔法を与え、魔法は誰もが使えるようになった。魔法は有属性と無属性とがある。誰もが両方を使えた。

しかし無属性しか使えない者が2人いた。
そんな二人は落ちこぼれと呼ばれていた……。


雷斗「まぁ そんなシリアスじゃないよ。信じられないって言われたらしょうがないなぁ
そんな事言う人にはアレくらわすよ」

じゃあ引き続きこの話楽しんでね


勇翔「コラ雷斗!! アレくらわすよって言いつつ俺にくらわすなよ」
春「うっさいわね。ちょっとは静かに出来ないの?」優寿馬「アレ!? 私の台詞、台本に無いですよ!?」
ガルザ「何故優寿馬様の台詞が無いんだ?そして拙者の台詞も無いのは何故なのだ?」
雷「無いに決まってるだろ。特にガルザは」
優「嫌ですってそんなの」
ガル「酷いではないか雷斗殿」
「優寿馬うるさいぞ。そして機械は機械らしくしとけ」
春「ねぇ。趣旨から大幅に外れてるわよ」
雷「そうだな。 んじゃ言うぞ。せぇの」
雷、春、勇、ガル「「「「よかったら読んでください」」」」
優「読みやがれや コラ~!!」
雷「調子のんな!!」

こんな感じでやっていくつもりです。
更新はカタツムリなみのノロマですが頑張ります。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

阿呆さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません