このページのリンクアドレス

エブリスタ
ボーダーライン-あの日をもう一度-

小説 恋愛

ボーダーライン-あの日をもう一度-

のりちゃん

パーソナリティ障害。この言葉を知った時、ボクは初めて理解した。

完結

132ページ

更新:2010/09/15

説明

ボーダーライン。境界性人格障害。パーソナリティ障害。



この言葉を知っていますか?


症状は非常に多彩で、一見何の問題もないような人から、リストカットを繰り返すケースや、妄想を伴うケースなどがあります。



全体的には心の不安定さや急急激に変化しやすい感情などが特徴です。



現実を理解する能力が貧弱。

自分のすべてを受け入れてもらいたいと望んでいる。

感情の移り変わりが早く人間関係が不安定。

愛し方が不十分であるという理由で恋人を責めたてる。

自分と他人との境界があいまい。

相手への評価が極端から極端へと揺れ動く。

人生の価値観や目標が突然変わったりする。

キレやすい。



昨日まで、とても愛情豊かに接してくれていた恋人が、今日突然、激しい憎しみや怒りの感情をぶつけてくる。



ボーダーラインを堺に、恋人への感情が愛と憎しみとを振り子のように行ったり来たりするのが、この障害です。


人口の約2パーセントがこの障害をもっているとの説もあります。



きっと、あなたの周りにもいるはずです…。



あなたの恋人が、そうかもしれません。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

のりちゃんさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント