このページのリンクアドレス

エブリスタ
小さな背中

小説

小さな背中

夜宵

最後に見た貴方の背中は大きくて小さかった

完結

2ページ

更新:2010/03/05

説明

 
いつも私が見るのは
貴方の背中ばっかり


ほらまた今日も


小さな背中の影を残して
貴方は雨の中去って行く



今回のテーマは'失恋'です。

切ない詩になっています。

'失恋'は誰しもが経験する事。

読む事すらつらい方も
いらっしゃるかもしれません。

けれど皆つらい思いを経験して
どんどん強くなり、また次の
ステップに進めるのだと思います。

つらい気持ちから
逃げないでください。

 

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

夜宵さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません