このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

おばけ の おうち

小説 その他

おばけ の おうち

冥京高校第七寮―そこは、霊達が住まう、廃墟と化した旧校舎だった!

休載中

20ページ

更新:2010/04/12

説明

毎月二話掲載・・・の予定。



登場人物



柳 晴彦(やなぎ はるひこ)

主人公。どこにでもいる平凡な高校生・・・、と本人は思っていたいらしいのだが、何かと厄介事に巻き込まれるトラブル体質であり、その幸薄さは明らかに異常。しかし正義感の強さから、しばしば自分からトラブルに首を突っ込むことも。
ギャンブルで大敗した両親が失踪し、家が差し押さえられ、橋の下でダンボール生活をしていたところを冥京第七寮の寮長に拾われ、寮生に。


杉内 咲矢(すぎうち さくや)

晴彦の幼なじみ。金髪。大企業社長の跡取り息子で、超お金持ち・・・だったが、自分の将来を決め付けようとする両親に反発して無一文で家を飛び出し、冥京第七寮の寮生に。
晴彦のことを「はるくん」、望のことを「のぞちゃん」と呼び慕っている。


由々谷 望(ゆゆたに のぞみ)

晴彦、咲矢の幼なじみ。その華奢な体つきからは想像出来ないほどの大食らいであるため、「口が異次元に繋がっている」「胃袋が8つある」など様々な憶測が飛び交っている。
高校に通うため意気揚々と一人暮らしを始めたその日に食費で仕送りが底をつき、部屋を追い出され冥京第七寮の寮生に。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません