このページのリンクアドレス

エブリスタ
Pierrot of a footprint

小説 SF

Pierrot of a footprint

*。+sky+。*

秋風吹くフランス・パリ、殺人ピエロの足跡を辿る喜劇と悲劇をここに。

完結

439ページ

更新:2015/12/01

説明

仮想・現代、EUフランス・パリ。
枯れ葉舞い散る美しき秋、美の国に突如吹き荒れた汚らわしい連続殺人事件。犯人特定不能、何故なら見た者は必ず殺されているから。
 
・・・ただ一人を除いて・・・。
 
 
 
秋も終わりに近づくこの頃、夕闇に乗じてピエロが現れると言う噂が広まりつつあった。同時期に2名のパトロール中の警官が何者かに無惨に殺害される事件が発生。それからと言うものパリの路地裏では次々と警官が死体となり、死亡時刻は全て夕方と同一犯の説が有力であった。
 
一つの悪は周りを染め、この連続殺人事件が起こってからと言うものパリは治安悪化の一途を辿っている。
 
そんなパリの路地裏に今日も神出鬼没の“一応”探偵が一人。秘密主義者の彼には様々な依頼が舞い込んでくる。最近では治安悪化が追い風となって仕事は絶えなく、今日も明日も仕事仕事。
 
そんな仕事漬けの忙しい日々に邪魔者が一人やって来た。
タバコの煙よりも飄々とした男、そして呼応するように現れたピエロ。“一応”探偵の次なる依頼とは・・・。
 
年中無休の探偵、法律無視の刑事。開幕の紐はピエロが握る。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

*。+sky+。*さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント