このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

小さな王の物語

小説 ファンタジー

小さな王の物語

長月

一人の小さな王様と七人の護衛卿のお話

休載中

112ページ

更新:2010/08/06

説明

「逃げても無駄だぜ?」
-幼なじみの狙撃の名手-

「下がっていて下さい…ここは俺が。」
-一流の剣の使い手-

「陛下のためならば、ワタシは
鬼にでも悪魔にでもなりますヨ。」
-変わり者の闇の魔術師-

「僕の命でよければ、いつでも。」
-心優しき光の魔術師-

「逃げてばかりじゃだめなんだ!」
-最年少の魔剣術師-

「…分かった。陛下に、従う。」
-無口な双剣使い-

「男共は引っ込んでなさい!」
-気の強い格闘家-


「みんな、いつもありがとう。」
-小さな王様-


さあ みなさん。
王道ファンタジーの世界を、
お楽しみ下さい。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません