このページのリンクアドレス

エブリスタ
黄昏時の語り部

小説 その他

黄昏時の語り部

洸樹

祇翠が手にした本…その本はある少女の生活を書き綴ったものだった…

完結

22ページ

更新:2010/03/18

説明

文芸部の麗と祇翠は放課後を部室で過ごしていた

祇翠が麗に読んであげるために一冊の本を取り出した

その本にはある少女の物語が書き綴られていた…

その少女の物語はとはどのような話なのか…

最後にあらわれたものは…

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません