このページのリンクアドレス

エブリスタ
時代の最先端?

小説 その他

時代の最先端?

粒々流身

彼は時代の最先端を走り続ける。

完結

8ページ

更新:2010/09/10

説明

彼の日常は幸福であふれていて…

彼の視界は綺麗なものだけを捕らえ…

そんな彼の短いお話














作者「僕に釣られてみる?…まあ釣りじゃないけど」

友人「え、これって釣りじゃないの?」


作者「間違ったことは言ってないから釣りじゃない!!」

※本当に釣りではありません

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

粒々流身さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません