このページのリンクアドレス

エブリスタ
こたつにみかん

小説 その他

こたつにみかん

〆月夜

冬の足音は、とても静かに、すぐ側に。

完結

36ページ

更新:2010/04/03

説明

白野町(しろのちょう)と呼ばれる小さな町には、もうすぐ冬が訪れようとしています。

しかし、だからといって、人々は特別な準備を済ませるわけではありません。

ただ、今を過ごします。たとえ目的がなくても、今という時間を大切に暮らします。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

〆月夜さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません