このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

さいはてのエトランゼ

小説 SF

さいはてのエトランゼ

乃木坂多聞

西暦25世紀の未来世界を描いたスペースオペラ。

休載中

43ページ

更新:2010/12/24

説明

地球は、環境破壊がもたらす“核の冬”と呼ばれる氷河期に閉ざされてしまい、人間が生活出来ない死の惑星へと変貌してしまった。

太陽系から最も近い恒星アルファ・ケンタウリへ向けて、移住可能な惑星を探す為に飛び立った人類初の恒星間宇宙船が、250年の長い航海を終えて帰還する…。

皮肉にも、その250年の間に超光速飛行が可能となり、銀河系宇宙全体に人類が移住するまでになっていた。

多星間企業の会長ヨアヒム・ヨブ・アシュトンは、その恒星間宇宙船〈ガハラエス〉の乗組員リーザ・エリノアと会って、250年前の約束を果たすべく、〈ガハラエス〉が停泊する自由軌道基地へと赴く。

その一方で、銀河系警察機構の捜査官アレックス・フォーマルハウトは、その一行に加わって潜入捜査を開始する。

そこで彼らが遭遇したのは、驚くべき超常現象の数々だった!

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

乃木坂多聞さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません