このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

終末トロイメライ

小説 ファンタジー

終末トロイメライ

九十九 宗夜

きっと、何もかもが狂ってる。緋色の月が夜空に煌めく時――世界は、終末の夢を見る。

休載中

32ページ

更新:2011/02/13

説明

 
 
 
 
 
 それは、ひどく月の美しい晩のこと。
 その金色と真紅に彩られた瞳を爛々と輝かせ、彼女はなんとも愉快そうに嘯いた。

「ぼくはね――呼吸するように人を殺せるんだよ」

 おいおい、さすがにそれは嘘だろう。
 なんて僕は思ったけれど、果たして口には出さなかった。

 血溜まりに沈む死体の前で言うことじゃあ、ないよな。やっぱり。

 さて、どうしようか。
 いやまあ、ここらで死んどくのも一興なのかもしれないけれど……さ。


 ◇


九十九ノンプロット企画(?)の第三段!←

一人称かつロー・ファンタジー。弱点克服のため僕の苦手要素をふんだんに盛り込んであります←

ひねくれた主人公を書こうとしたらなんかすごく某戯言遣いになりそうで怖いっす!
なるべくならないよう頑張ります(´・ω・`)

相も変わらずクオリティーは地を這ってます。むしろ潜ってます。読まれる際はくれぐれもお気をつけくださいませっ。

例によって描写は軽め。その弊害で説明が不足している点などありましたら、お手数ですがご一報くださると幸いです。

新サイトの大賞用――にしたいけど、間に合わないだろうなあ……。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

九十九 宗夜さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません