このページのリンクアドレス

エブリスタ
手紙

小説

手紙

ピリス君

ポストの隅に回収され忘れていつまでも残ってしまった受取人不明の郵便物のようなもの。

完結

50ページ

更新:2007/06/30

説明

日々
歩いている時や
掃除している瞬間、買い物中など
ふと
思いついた瞬間に誰かに宛てている言葉。
宛先を思い出そうとするけど、
やっぱり
思い出さずにしまっておく。
そんな忘れ去られた手紙達のポストです。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

ピリス君さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません