このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

魔女の鬼

小説 現代ファンタジー

月夜に咲く花

魔女の鬼

御鈴 響華

血の様に紅い満月の夜、一人の魔女から生まれたのは――――無数の魔物

休載中

92ページ

更新:2017/06/23

説明

“魔女”
それは全ての魔物の母であり
人智を超えた唯一の存在
 
 
しかしその魔女が存在したのは
1000年以上も大昔の事だった。
 
 
西暦20XX年
魔女や魔物の存在等が
架空の存在として扱われ
信じる者が少なくなってきた頃
 
人間達に混じって生きてきた
無数の魔物達の中で
最も人間に近く
最も強い魔物と言う
―――唯一の存在が生まれた
 
その存在の名は―――
“鬼”……
 
 
普通の人間として
平凡な毎日を送ってきた
一人の大学生
 
ある満月の夜
彼は魔物の抗争を目撃し
その中で彼は――
黒衣の魔女を目撃する
 
 

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

御鈴 響華さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント