このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

ヒキコモリ

小説 恋愛 大人の恋

RADWIMPS

ヒキコモリ

零崎謎識

独りは好き。でも、独は淋しい。

休載中

14ページ

更新:2011/02/22

説明

関わり合いを捨てた。
係わり逢いを棄てた。
拘わり愛をすてた。

一人で良い、独りが良い、他人離は良い。

そして私は、
拒んだ、消した、避けた、離れた、否定した、埋めた、無くした、殺した、滅した、壊した、崩した、返上した、無視した、忘れた、諦めた。
愛を、全ての愛を。



だけど、ある一人の人間が私に言ってきた。

「独りと言うのは、確かに、楽だ。何でもできる。気にしないで済む。
でも、独りは淋しいだろ?」

その彼も、独りだった………。


どれも、ある独りぼっちの歌。





RADWIMPS「カッコいい、人<弱虫>」
                     『やどかり』

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

零崎謎識さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません