このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

琥珀の願い

小説 歴史・時代

琥珀の願い

アルローネ

斬る事に、殺す事にためらいなど無かった。初めて、人の命を奪った事を後悔した……。

休載中

86ページ

更新:2013/03/18

説明

琥珀の首飾り。

ある時、それを手にした私は幕末へ飛ばされた。



彼等の味方はしない。
私は、私の道を貫く。


そう思ったが故に、私は大きな罪を犯す

こんな筈では、無かったのに…。






新撰組小説です。
史実に沿ってません。
文章が稚拙です。
亀更新です。


↑を見て無理だと思った方は0or9を押して下さい


とりあえず更新頑張ります





エブリスタ閲覧1000突破

読んでくれた皆様、しおり挟んでくれた皆様、ありがとうございますamp;
これからも「琥珀の願い」をよろしくお願いします


検索ワード
新選組/幕末/長州/池田屋事件/二刀流/人斬り/タイムスリップ/山崎烝/沖田総司/土方歳三/近藤勇/山南敬介/永倉新八/藤堂平助/原田左之助/斎藤一/桝屋/吉田稔麿

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません