このページのリンクアドレス

エブリスタ
トキノキロク Ⅲ

小説 詩・童話・絵本

トキノキロク Ⅲ

シェスキイ

〔詩〕諸事情により、139ページのタイトルを変更しました

完結

170ページ

更新:2014/09/16

説明

 
 決してなだらかではない道
 挑みを胸に押し付けながら
 僕は歩く
 
 ────────────
 
 ほどよい あたたかさと
 ほどよい つめたさが
 
 交差する場所
 
 
 先人が残した
 優しさが戯る
 
 
 言葉に出来ないからこそ
 夢であり
 私語すらもない
 
 そんな夢の中には
 耳がツーンとなるような
 不思議な小部屋が
 ひっそりと佇んでいると云う
 
 
 
 
 振り返れば
 こんなにも故郷が
 小さくなっていた
 
 でも
 
 そこへ帰るものは
 誰もいない
 
 歩を戻せばもう二度と
 ここへは
 生きて来れないのだと云う
 
 
 最初に訪れた試練が
 はじまった
 
 
 
 
 
[リンク]作品一覧
 
[リンク]2010年 振返
[リンク]2011年 振返

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

シェスキイさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません