このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

背中合わせ

小説 恋愛 大人の恋

背中合わせ

¶ なあ ¶

「好き」って言っちゃダメなんて、僕たちが1番よくわかってるよ。

休載中

6ページ

更新:2010/06/19

説明



合わせた背中からお互いの体温が伝わった。
あの日、あの時間を。
僕は忘れたりなんかしない。



夕日が見える、あの海岸沿いの道で、僕は一人が朝日を見た。




忘れない、二人で見た夕日も、一人で見た朝日も。



待ってるから、ずっと。



 

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

¶ なあ ¶さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント