このページのリンクアドレス

エブリスタ
ともの酔いどれ珍道中

小説 その他

ともの酔いどれ珍道中

とも

酒に飲まれて遊ばれながら、歩み進んだ僕の道…

完結

509ページ

更新:2010/11/20

説明

勝手気まま風吹くまま…
酒に飲まれたオヤジの与太話しは如何でしょうか?
「いらっしゃい…お客さん。こんな話しは如何かな?」

Menu(酔いどれ珍道中)

>>京一夜艶恋唄<<
>>さよならビリー<<
>>マザコンな夜<<
>>酒飲みのバラッド<<
>>音が消えた日<<
>>正しい酒の飲まれ方<<
>>バイオハザード<<(※1)
>>祇園夜櫻恋櫻<<
>>泥溝を進むが如く<<
>>桜咲き雪溶く……<<
>>酔いどれ珍道中<<


(※1)
ただ何となく書きたかっただけの話しです。
下品です。
好みでなければ、大きな流れと全く関係ないので読み飛ばしてください。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント