このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

もしも碇シンジが競艇選手だったら

小説 お笑い・ギャグ

もしも碇シンジが競艇選手だったら

都蛇宗聘

2XXX年12月25日第XX回賞金王座決定戦最終日

休載中

37ページ

更新:2010/12/07

説明

碇シンジ24歳A1レーサー、おもいっきりのよいスタートが持ち味、ただプレッシャーに弱い、しかし今年度の総理大臣杯を優勝している
惣流アスカラングレー24歳A1レーサー、ターンスピードは男子顔負けの力を持つかなりの負けず嫌い 今年度の女王綾波レイ24歳 A1レーサー どんなモーターでも超抜並に仕上げる整備力は他の二人を圧倒する、師匠は碇ゲンドウ 今年度のMB記念優勝 鈴原トウジ24歳 A1レーサー 全速捲り差しを武器とし今年度の笹川賞優勝
相田ケンスケ24歳 A1レーサー これといった能力はないが、ここ一番の時に力を発揮しやすい
葛城ミサト39歳 A1レーサー、 かつては3年連続女王になった事のあるレーサー、全速ターンが持ち味だが、よく転覆する、今年度のグラチャン優勝 赤木リツコ39歳 A1レーサー ペラ技術にとっては挺界一を誇るが、操縦技術に関しては少し劣る 今節G1、13勝 加持リョウジ 去年の賞金王、現役最強レーサー、今節もオーシャンカップ、チャレンジカップ、全日本選手権などで優勝している、非常に選手の面倒見のいい選手、碇ゲンドウ59歳 A1レーサー、かつては5年連続賞金王に輝いた選手

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません