このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

興国の四聖

小説 ファンタジー

興国の四聖

荷路 三娑

自分で言うのもなんだけど、神小説です。

休載中

4ページ

更新:2010/07/19

説明

東国の辺境に住まう賢者に育てられた青年・ソークは、腐敗しきった世の中を直すため国を倒すことを決意する。

一方、若くして官僚になった仲尼(ちゅうじ)は、その民草寄りの政策を疎まれ、左遷されてしまう。

そのころ、反政府軍の少将イムは、反政府軍の自分以外の上層部が、利己的な理念に駆られていることを知り、一団を率いて軍を離脱する。

その三人がゴルゴダで会するころ、ヨシュアは石をパンに変えていた……!



※ゴルゴダは小説内に一切出てきません。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

荷路 三娑さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません