このページのリンクアドレス

エブリスタ
虹色の炎でⅢ ~大地の神~

小説 ファンタジー

虹色の炎で

虹色の炎でⅢ ~大地の神~

若宮 刹那

「よろしくな、龍一」「うう、うるせえっ!」龍一は慌てて、赤くした顔を背けた。

完結

516ページ

更新:2011/05/09

説明

地球を理解することで精神力を外界に働くエネルギーに変えることができる、虹炎術。
事故のような出来事がきっかけで日常が変わった翔太は、虹炎術の世界でレイを守ることを決意する。

筋肉の塊のような男、ムトウとの大激戦を仲間と力を合わせて制した翔太は、次の強敵が現れるまで、日常へと帰った。
しかしその日はすぐにやってくる。ムトウの生死を確認するために、“剣脚万裁”“大地の奏者”が現れた。対する虹炎術師遊撃隊は、羽黒龍一を欠き二人で敵を迎え撃つ。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

若宮 刹那さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません