このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

善悪の涙

小説 ファンタジー

善悪の涙

ありさ

「善と悪の判断なんて、人それぞれなんですよ――」

休載中

224ページ

更新:2013/03/12

説明

魔力が強すぎる子供――レンリ。
生まれたばかりの時、魔力がゼロだったために捨てられた。
レンリは捨てられた森である者に拾われる。


「人間なんて信じられない」

「あなた達は……信じたい」

「善? 悪? そんなもの、誰が決めたんですか?」



レンリの葛藤が書いていければ、と思います。
(この小説は微王道です)

先に注意として、文章は三人称で表現されています。
私は変えるつもりないです。
従って、三人称が読みにくいという意見は受け付けません。

誹謗中傷はお断りです。
プラスになる意見、ご指摘はどんどん取り込んでいきます。
ファン登録など、良かったらお願いします(/)ω(ヾ)

ではどうぞ。


※只今、文章の修正や改善も同時進行中※


.

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

ありささんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント