このページのリンクアドレス

エブリスタ
┿新月の書╂

小説

┿新月の書╂

多嬉

それはある修道師が遺した書物。闇が抱く光の残像。記された魔物が求めたものは

完結

43ページ

更新:2009/01/29

説明

東の鬼 水精の幼子

   炎の魔女 氷の魔女

悲運の狐 天狗の高慢

  龍の苦悩 孤独な木精

黒き羽の兄弟

    檻の怪鳥

      純然なる吸血鬼


基本、自作の小説ベースの詩なんですが、たまに歴史的文学や昔話のパロディ入ってます
 
西洋風に煽っといて、中身はいきなり東洋風
タイトル辺りは何も考えずに決めてます
「修道師が見た魔物」っていうコンセプトで



2007.7頃完結

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

多嬉さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません