このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

ムシウタ 夢守る繭

小説 ファンタジー

ムシウタ 夢守る繭

氷雨

己の夢を賭けて戦い,成長していく,少年少女達の物語。

休載中

65ページ

更新:2010/07/01

説明

―"虫"
希望や願望が飽和しやすく,時に彼らが生きる目的そのものともなる,さまざまな「夢」を抱いて生きる少年少女達。

その夢が自らの器から漏れ出すほど大きく,抑えきれなくなった時,いずこから現れて夢を食らい様々な物を奪っていく代わりに,望みもしない強大な力を与える昆虫に似た超常の存在「虫」。
"虫"に寄生された者たちは「虫憑き」と呼ばれ,公には存在しないとされているにも拘わらず,もはやその単語を知らない者はいない。目撃証言や虫憑きのものと思われる異常現象は年々増加し,噂の範疇から抜け出ていないにもかかわらず人々の間で差別と恐怖の対象になっていた。

今までそんなこととは無関係だったある少年が,この世界の中心になるとは誰も予想していなかった・・・

※この作品はムシウタのアナザーストーリーです。時系列的には本編の10巻あたりで,イメージを壊したくないという方は読まないことをオススメします。

執筆開始 2010.06.23

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

氷雨さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません